日本国住宅事情

周囲を見ると、最近は3階建ての住宅が増えてきたように感じられます。その理由について書いてみましょう。

日本国住宅事情

3階建ての住宅が増えた理由

私の住んでいる地域では、最近、たくさんの新築住宅が建てられるようになってきました。いわゆる建売住宅というものが多いのですが、中には3階建ての住宅も見かけられることが多くなってきたため、とても世界観が変わったような印象を受けます。建物が高くなってくると圧倒されるような気がするのです。なぜ、こういった背の高い建物が多くなってきたのかというと、その理由は簡単です。きっと、土地が狭くなってきているのからなのでしょう。昔のように広い土地があれば、横に広い平屋を造ることができますが、現代ではそういった土地がなかなかありません。狭い庭が付いているだけでも凄いと言われる時代です。おまけに、一家に一台は車がある状況なので、車庫まで造るとなると、かなり住居は狭くなってしまいます。これでは4人家族などだと、ゆったりと住むことができません。そこで、上に部屋を重ねていくという方法を取ることになったのだと思います。2階建てでは物足りないというところが、3階建てにするのです。
このように、3階建てがどんどん造られるようになってきたため、背の高い家が多くなってきました。他の家よりも背が高いと優越感に浸ることができて羨ましく感じられます。賃貸住宅に住んでいる私にとっては憧れの家と言えるでしょう。それに、3階建てにすると洗濯物を干すスペースも上の方に設けることができます。それによって太陽に近づけることになるため、洗濯物もよく乾くようになるはずです。風当たりも良いと思いますし、何よりも景色が素晴らしく感じられることでしょう。他の家よりも1階分背が高いわけですから、他の家を見下ろせるような感じになります。花火大会が最寄りであっても、自宅の3階のベランダから悠々と見ることができるはずです。また、屋上を造る家もあります。そうなると屋上でビアパーティーを行うこともできて便利です。それからもう一つ、3階建ての住宅が増えた理由として、二世帯住宅ということも考えられます。両親と一緒に住むことで部屋数を増やしたのでしょう。こういった理由が考えられます。

新着おすすめ



Copyright(c) 2016 日本国住宅事情 All Rights Reserved.